ケイト・アップトン、ジェイミー・フォックスにバースデーソングを捧げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイト・アップトンが13日(土)にジェイミー・フォックスへ『ハッピーバースデー』の歌を捧げたそうだ。ケイトはニューヨークで行われたジェイミーの47歳の誕生会で、1962年5月にマリリン・モンローが当時の米大統領であったジョン・F・ケネディに捧げたことで有名な『ハッピーバースデー・ミスタープレジデント』をセクシーに真似て見せたのだという。

ニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄によれば、ジェイミーがケイトとプロ野球選手の恋人ジャスティン・バーランダーが同じクラブにいることを発見し、「DJに音楽を止めて2人の登場をアナウンスするように頼んだ」という。ある関係者が同紙に話したところによれば、ケイトはためらいもせずマイクを手に取りジェイミーのために歌ったほか、「他の客たちにも一緒に歌うように促した」そうだ。

ケイトが自分の誕生日を祝ってくれたことでジェイミーは大満足だったようで、その後にはマイク型に「ハッピーバースデー、ジェイミー」と書かれたケーキをプレゼントされていたという。そのクラブでのパーティーの前には、ジェイミーは『アニー』の共演者である子役のクヮヴェンジャネ・ウォレスとその家族や友人たちと共に高級レストランのボッデガ・ネグラで誕生日を祝っていたようだ。

ジェイミーは偽の口ヒゲ姿の自身とクヮヴェンジャネ、友人のコンラッド・ヒルトンが写った写真を後からインスタグラムに投稿しており、「良い友達と家族と一緒に楽しく誕生日を祝ったよ」とコメントを付けながらジェイミーはさらにソンブレロまでかぶった姿を見せていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop