リアーナの父親、またしてもお酒でイベント会場から追い出される!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアーナの父親がチャリティイベントのダイヤモンド・ボールから追い出されたようだ。先週ビバリーヒルズにてクララ・ライオネル基金の支援のために開催されたこの豪華なイベントで、リアーナはステージに立っていたが、父親のローランド・フェンティさんはお酒を飲んでいたことで警備員によって会場から追い出されていたために、娘に会うこともできなかったという。

6年前にも飲酒していたことでリアーナの全米ツアーから追い出され、その後2年間もリアーナと仲たがいまでしていたローランドさんは「ジョニー・ウォーカー・ブラックを飲んだんだ。ダブルでね。そして椅子につまづいたんだ」「写真のために(レッド)カーペットにいて、知っている有名人を数人見たから話をしにいったんだ。それで、誰かが椅子を置いたままにしていて、後ろへ下がったら、転んだんだよ。元妻(リアーナの母親モニカ・ブライスウェスト)を見上げて、写真を撮られた数分後に警備員が駆けつけて『家に帰ってもらう』って言われたんだ」「『でも娘にまだ会ってないよ』と私がいうと、彼らは『そんなの関係ありません。声を立てて騒ぐのはやめてください。それがあなたの娘さんにまで影響を与えますから』って言い返してきたんだ」と話した。

1年前にリアーナは、ローランドさんのためにマリブにある豪華なリハビリ施設へと1か月間入所する資金的援助を行っていたものの、ローランドさんはリアーナが自身の振舞いにがっかりするだろうことを知っていたとMailOnlineに話した。「終わり方が悲しかったよ。この件に関しては、最初のお酒、どんなお酒も飲むべきじゃなかったんだ。リアーナに会いたかったな」「リアーナはおそらく私がどういう感じだったか、どのように少しお酒を飲んだかを聞いていると思うから、怒っていると思うよ。そうだと思う。でも、確かではないね。まだしゃべっていないんだ」「リアーナは私をリハビリ施設に入れるためにお金を費やした後に、私がお酒を飲んだことを知ったんだからがっかりしているわけで、それを申し訳ないと感じるよ。よくないね。ごめんなさいしか言えないよ。私が悪いよ」

さらに、ローランドさんはリアーナが他の家族が集まる中、異母兄弟たちをこのイベントに招待しなかったことを「残念に思った」ために、お酒を飲んでしまったと説明し、前にはクラック・コカイン中毒と闘っていた自分が現在アルコール中毒ではないと強調した。「酔って暴れてなんてしていないよ。自分がアルコール中毒だとも思わないしね。そんなに酔っているなんて、気づかないよ」「現実逃避している酔っ払いもしくはアルコール中毒、何とでも私のことを呼べばいいさ。自分は飲むこともできるし、飲まないこともできるんだって気づいたんだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop