クリント・イーストウッド、正式に離婚成立

クリント・イーストウッド(84)とディナ・イーストウッド(49)が正式に離婚した。17年間連れ添い、1人の娘をもうけた2人は2013年10月に破局を発表していていたが、婚前契約書の内容で長期間バトルを繰り広げた末に22日(月)、ようやくカリフォルニア州モントレーの裁判所にて離婚が成立したという。

クリントの総資産3億5000万ドル(約385億円)をどのように折半したのかは明らかになっていないが、話し合いは終結したようで先月24日には離婚届に2人共署名したとRadarOnline.comが報じている。ある関係者によると2人は財産分与について論争を繰り広げていたようだが、世間にその様子を知られたくないという思いから円満同意に向け調停を行っていたという。またクリントはディナに娘の親権を渡すことや、配偶者扶養費、離婚におけるディナ側の弁護士費用を負担することなどを渋っていたと報じられており、前述の関係者は「婚前契約書に関わらず、クリントはまたもや全て持っていかれるようなことをしたくなかったんです。特にマギー・ジョンソンとの離婚の際には2500万ドル(約27億5000万円)も財産をとられてしまいましたからね」とコメントしていた。

そんなクリントは現在、ホテル従業員のクリスティーナ・サンデラと交際を楽しんでいるようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop