クリス・ロックが離婚を申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ロックが20年近く連れ添った妻マラーク・コンプトン=ロックとの離婚を申請したという。2人の娘を持つクリスとマラークはじっくりと考慮したうえで今回の離婚を決めたといい、離婚後も子供たちを最優先に考えていくと発表した。博愛主義者であり非営利団体スタイルワークスの創設者でもあるマラークがPEOPLE.comに送付した声明文には「じっくりと考慮した上で、クリスと私は19年間の結婚生活に終止符を打ちそれぞれ別の道を歩んでいくことに決めました」「最も弱いもの達とともに働きながら私が人生を歩んでいくために十分幸せであることは、どんなに辛い状況に直面しても、私に神のご加護があることを気付かせてくれます」「大きな変化が起こることは重々承知していますが、私の生活はいつも子供を中心としたもので、彼らの幸せが私の最優先です。子供達、家族のプライバシーを尊重していただけると幸いです」と綴っていた。

クリスの顧問弁護士ロバート・S・コーエンも同じくこのニュースをこのように発表している。「クリス・ロックは妻マラークとの離婚を申請しました。これは個人的な問題であり、クリスとマラークは申請作業を進め、そして彼らの家族に焦点を当てるためにもプライバシーを尊重していただけるようお願い申し上げます」

そんなクリスは先日、自身の生活はいたって普通で名声がクリスを変化させることはないと語っていた。「ベントレーに一日中乗ったお抱え運転手なんて俺は雇っていないよ」「お金は好きさ、自分の周りにたくさん人を抱えるとお金がかかるよね!俺の普段の生活では、ただ多くの時間を子供たちと過ごしているよ。俺は実際ライターなんだ。物書きってオタクな仕事だよ。物書きがクールなことなんてひとつもないんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop