エイミー・ポーラー、ヘイスティ・プディング賞に輝く

エイミー・ポーラーがハーバード大学の演劇部ヘイスティ・プディングの2015年度ウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。この名誉ある賞を今回エイミーが受賞する決定打となったのは、エイミーの喜劇は同演劇部が持つ風刺の伝統と社会的な主張が重なったことなのだという。同演劇部のジェイソン・ヘラースタイン代表は「2015年度ウーマン・オブ・ザ・イヤーがエイミー・ポーラーに決定したことを喜んでお知らせいたします。彼女は素晴らしく賞賛を得ているパフォーマーであり、コメディアンであり、そしてヘイスティ・プディングの劇団員たちに刺激を与えてくれる存在です」「ポーラーさんと共にとてもユニークで記憶に残る形で彼女の功績をお祝いすることを楽しみにしています」とコメントしている。今月29日には授賞式前にエイミーが先頭に立ってハーバード・スクエアでパレードが行われる予定になっている。

ちなみに2015年度のマン・オブ・ザ・イヤーも追って発表されるという。

昨年度はヘレン・ミレンとニール・パトリック・ハリスが名誉あるこの賞を獲得しており、過去にはアン・ハサウェイ、ハル・ベリー、クレア・デインズ、シャーリーズ・セロン、キーファー・サザーランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェームズ・フランコ、ジェイ・レノらが選ばれている。

今回ヘイスティ・プディング賞を受賞するエイミーは2011年にもハーバード大学を訪れ、卒業式前日に行われた卒業祝賀会でスピーチを行っていたこともある。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop