ベス・ディットー、大晦日に正式同性婚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベス・ディットーが正式に結婚していたことがわかった。ザ・ゴシップのボーカルであるベスは、長年交際してきたクリスティン・オガタと2013年7月にマウイで法的拘束力のないかたちでの結婚式を執り行っていたが、先月31日に晴れて2人の出身地であるオレゴン州で合法的に結婚した。ベスはフェイスブックで「1年経って、ついに合法的に結婚したわ」「オレゴン州での同姓婚合法化に向けて闘ってくれたみんな、ありがとうね。2015年は全米よ!」とコメントした。さらにベスの代理人は「オレゴン州で同性婚が認められたことを受け、2人は12月31日に結婚しました」と発表している。

今回の結婚式の詳細については明らかになっていないものの、2013年に行われた挙式ではベスはジャンポール・ゴルチエがデザインしたローカットボディスとチュールスカートにベールをつけ、素足という出で立ちでクリスティンと腕を組んでヴァージンロードを歩いていた。一方のクリスティンはスリーピースのスーツに短パンとシャツを合わせていた。

クリスティンがベスのアシスタントとして数年働いた後に、2人の関係は交際へと発展した。ベスは当時クリスティンに対し熱い想いを抱いていたものの、9年間交際していたフレディ・ファグラとの関係が2010年1月に終わりを迎えるのを待ってクリスティンとの交際をスタートさせたと以前明かしていた。「自分の深い部分でずっと秘密にしてきたことだったの。でも、みんな知っていたわ。パーティーやクラブにいた人たちでさえ、『いつ2人は一緒になるの?』って感じだったの。浮気しているみたいって感覚があったから、自分の中にいつも罪の意識が少しあったわね。でも、決して浮気はしてなかったわ。私達は何も行動には移さなかった...フレディとは9年交際したわ。でも、いつも終わりがくるんじゃないかって心配していたの。クリスティンとは一度も終わりを心配していないわ。完全に満たされているって感じよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop