アンジェリーナジョリーがローマ法王に面会へ?

アンジェリーナジョリーがローマ法王に面会するためイタリアに到着したようだ。アンジェリーナは7日(水)、シャイロ(8)とザハラ(9)の2人の娘とともにローマのチャンピーノ空港に到着した姿が目撃されており、夫ブラッド・ピットと共にバチカンで今週内にもローマ法王フランシスコ1世と特別謁見をする予定ではないかと噂されている。夫妻の警備主任は数日前に現地入りし、2人の到着に備えていたと言われている。信仰を持たないという2人だが、ローマ法王には敬服しており、法王の送るメッセージを称賛しているようだと2人に近しい関係者はUsウィークリー誌に語っている。

フランシスコ1世は前法王のベネディクト16世に比べ、寛大な視点を持つことで高い評価を得てきている。昨年に同性愛についての見解を尋ねられた際には「ゲイの人であろうとも神を求め、善き心を持っているのであれば、私が批判する権利はないでしょう?」と答えていた。

ブラッドはバプテスト派として育てられてきたものの、その宗派と「素晴らしい関係」を持ってきたわけではないと以前に明かしている。「俺は不可知論と無神論のはざまで揺れ動いてきたんだよ」しかし、その一方でアンジェリーナはとても信仰心があると明かしていた。「宗教や信条のような名前がそこにあるかは分からないけど、私たちの力を超える何かがただそこにあって、それは美しく結びついたものだと思うの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop