ジャック・オコンネル、プラダの広告塔に抜擢

ジャック・オコンネルがプラダの広告塔を務めることになった。アンジェリーナジョリー監督作『アンブロークン』主演で知られるジャックは、他の俳優陣イーサンホーク、アンセル・エルゴート、マイルズ・テイラーと共にプラダの2015年春夏コレクションのキャンペーンに登場することになった。カーラ・デルヴィーニュとの交際もささやかれているジャックは、クレイグ・マクディーンによって撮影されたモノクロの広告の中で、ロールネックのトップスにレザー・バッグをあわせ、コップの水を飲む姿を披露している。過去にはベルチオ・デル・トロ、ジェームズ・マカヴォイ、ベン・ウィショー、クリストフ・ヴァルツら蒼々たる面々も評論家陣からの評価の高いプラダのキャンペーンの顔を務めている。 

一方、プラダの姉妹ブランドであるミュウミュウは期待の新人女優をそのキャンペーンイメージに採用することで知られており、2015年春のコレクションの顔にミア・ゴス、イモージェン・プーツ、マリーヌ・ヴァクトを起用している。

そんな中、ミュウミュウのヘッドデザイナーであるミウッチャ・プラダは先日、レディースとメンズのファッションショーを別々に行う慣例を壊したいと話しており、昨年6月に行われたミラノ・コレクションでは70年代からヒントを得たメンズのコレクションとレディースの2015年リゾート・ラインの数点を織り交ぜながらプールサイドでショーを行い、早速有言実行してみせていた。「このコンビネーションのほうがより現実的だと思うの。より現代的だしね。そうでなければ、女性と男性と別れていた祖母の時代のように分類されているみたいだもの。ショーが別々なのは本当に非現実的だし、一緒にすることで何が意味があって現実的なのかという感覚を持てると思うの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop