全長15センチものウナギを飲み込んだ少年が九死に一生を得る!

全長15センチもあるウナギを飲み込んだことで死にかけた少年がいるようだ。バングラデシュで釣りをしていたというこの16歳の少年は、ウナギが連れた際に噛んでみようとしたという。しかしウナギは素早く歯の間をすり抜けて喉へと入り込んでいってしまったことから呼吸困難に陥ってしまった。少年は両親によってダッカ・メディカル・カレッジ・アンド病院へと連れて行かれ、事件から約5時間が経過した頃、医師団が呼吸を出来るようにするために少年の喉に穴を開けたようだ。

少年の担当医によれば、そのような患者に出くわしたのは今回が初めてではなかったそうだが、別の患者はこの少年ほど幸運ではなかったと話している。「このようなケースに直面したのはこれで2度目です。前回は魚を飲み込んでから12時間が経過していて、残念ながらその男性は命を落としてしまいました」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop