リアム・ギャラガー、裁判をすっぽかして罰金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアム・ギャラガーが養育費に関する審問をすっぽかしたことで5000ドル(約60万円)の罰金を科せられた。リザ・ゴルバーニともうすぐ2歳になる娘ジェマちゃんの養育費を巡って争っているリアムは、12日(月)にマンハッタンにある裁判所に出廷する予定だったが、「不安で神経衰弱」していることを理由に欠席した。ローラ・ドレーガー裁判官は、リアム側のラオール・フェルダー弁護士がぎりぎりになって出された医師の診断書について説明を行った際、その理由が完全に「不十分」であるとして認めなかった上に、リザ側の弁護人アイラ・ゲール氏は、その言い訳が「不快だ」とはねつけた。ゲール氏はその週末にリアムと交際相手のデビー・グィザーが腕を組んでロンドンを歩いている姿を捕らえた写真を持っていると法廷で発言した後に、「それが不快なことだと捉えます。私のクライアントは(わざわざ)バージニア州から来ているのです」と付け加えた。

そんなリアムが法廷に登場しなかったのは今回が初めてではなく、先日には英国からアメリカへと飛行機で移動することができないほど「体調不良」であることを理由に、ゲール氏と行うはずであった証言録取を欠席していた。そして、その翌日には友人達と出かけている姿が目撃されていた。

ゲール氏によると、同弁護士によると、3つの示談を提案したものの、リアム側の弁護団からは全く返事がなかったという。

リアムはニコール・アップルトンとの離婚が正式に成立するまではリザとの件について何も決定を行わない態度を取るとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop