ジミー・ペイジの新恋人は46歳年下!?

レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが46歳年下の女性と交際しているようだ。9日(金)にチキングリルのチェーンレストラン、ナンドスでジミーと25歳の新恋人とされるスカーレット・サベットがジミーの71歳の誕生日をカジュアルにお祝いしているところが目撃された。そのお祝いの席でジミーはお酒を飲まず、食事の後は健康食品の店やレコードショップに行ったりと若い頃のロックンロールな生活からは想像もできないほどの健全なデート内容だったようだ。ヘロイン中毒であった過去を持つジミーは総資産8000万ポンド(約14億4000万円)ともいわれ、監督でありライターでもあるスカーレットと「穏やかな生活」を送ることに喜びを感じているといわれている。ある関係者は「ジミーはこの様子をみていると、あまりロックンロールではない、とても穏やかな生活を送る方向のようです」「新しい彼女はとても普通の女の子のようですよ」と話す。

ザ・サン紙は2008年に2番目の妻ジメナ・ゴメス=パラッチャと離婚したジミーと半世紀近くも年の離れたスカーレットが現在「事実上離れられない」関係にあると報じている。

ジミーの長女と同じ名前を持つスカーレットは、2010年に低予算映画の『ザ・リーズ』に出演していたほか、先月には『ロッキング・アンダーグラウンド』という詩集を出版している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop