フリーダ・ジャンニーニ、グッチのクリエイティブ・ディレクターを退任?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーダ・ジャンニーニがグッチのクリエイティブ・ディレクターをすでに退任したとみられている。2月に開催されるミラノ・コレクションでの2015年秋冬シーズンの発表を最後に同職から退くことを昨年公表していたフリーダだが、どうやら後任も決定していない現段階で、予定よりも早く同社から去ったと見られている。ある情報筋は「(フリーダの後任を)決定する必要があります。そうしないと今後のコレクションやショーに影響が出るでしょう」と明かす。

フリーダがすでに退任している、していないにせよ、フリーダの右腕でありヘッド・アクセサリー・デザイナーを務めるアレッサンドロ・ミケーレが後任の最有力候補として噂されている。別の関係者は「(ミケーレは)内部のメカニズムを全て知っています。グッチのようなブランドでは、創造性には産業開発が関わってくるのです。マーケティングが物を言う非常に科学的な機械といえます」「ある特定の段階まではクリエイティブです。外部からデザイナーを採用することは美のテイストを加えることができますが、長い目でみれば内部のデザイナーの方がよりふさわしいのかもしれません」とWWDに話す。

そんな中、フリーダの夫パトリツィオ・ディ・マルコは今年に入って同ブランドのCEOをすでに退任している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop