ジェニファー・アニストン、『LEGO(R)ムービー』アカデミー賞にノミネートされず!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェニファー・アニストン、ティモシー・スポール、『LEGO(R)ムービー』が、予想を裏切ってアカデミー賞へのノミネートを逃した。15日(木)午後にアカデミー賞ノミネートが発表され、リーアム・ニーソン、ウィル・フェレル、クリス・プラットらが声優を務めた『LEGO(R)ムービー』が長編アニメ部門のノミネートを逃したことが分かるとツイッターのトレンドワード入りするほどさまざまな意見が飛び交った。これを受けて同作を監督したフィル・ロードはレゴでできたオスカー像の写真を自身のツイッターに掲載しノミネートを逃した事実に対してジョーク交じりに対応するも、同作の一部のファンはこのジョークに笑う気にもなれなかったようでソーシャルメディア上でこの結果に対する怒りをあらわにしていた。

一方で、鎮痛剤中毒になった女性が慢性痛支援グループの1人の女性の自殺に執着しはじめるというストーリーの新作『ケーキ』で主役を演じたジェニファー・アニストンは、主演女優賞でオスカーの呼び声が高かったものの、ノミネートを逃している。ジェニファーは先日E!ニュースへのインタビューに対し、ノミネーションを聞いて落ち込むのが怖いのでノミネート発表の日は寝ていることにするとコメントしていた。「私は自分自身を拷問にかけるようなことはしないわ。昨日朝5時に私の電話が鳴った時なんてね、『何がおきたの?誰か死んだの、それとも生まれた?今日って木曜?』ってそんな感じだったんだから」「私はベッドにいるわ。大好きな人と犬たちと一緒に夢でも見てるわ」

惜しくもノミネートを逃したのはジェニファーだけでなく、先週発表されたBAFTAノミネーションにおいて、『グランド・ブダペスト・ホテル』で演じたムッシュ・グスダヴ・H役で主演男優賞にノミネートされていたレイフ・ファインズも、アカデミー賞においては主演男優賞のノミネートを逃している。

『ターナー、光に愛をこめて』は4部門においてノミネートされているものの、ティモシー・スポールの主演男優賞のノミネートはなく、『セルマ』でマーティン・ルーサー・キング・ジュニアを演じたデヴィッド・オイェロウォもノミネートを逃している。そんな主演男優賞においては、2000年から2002年において3年連続ノミネートされているブラッドリー・クーパーが、ラッセル・クロウの連続ノミネート記録を追っている。

監督賞においては『アメリカン・スナイパー』のクリント・イーストウッド、『ゴーン・ガール』のデヴィッド・フィンチャーがノミネートを逃したことが驚きを持って受け止められている。『フォックスキャッチャー』においてはスティーヴ・カレルが主演男優賞にノミネートされたものの、作品賞のノミネートは逃す形となった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop