ビリー・ボブ・ソーントン、ジェニファー・アニストンがずっと憧れの人!?

ビリー・ボブ・ソーントン(59)がずっとジェニファー・アニストンに憧れていたと明かした。先日に行われたゴールデン・グローブ賞で『ファーゴ』 によりテレビミニシリーズ/映画部門で主演男優賞を獲得した後に行われた『アクセス・ハリウッド』とのインタビュー中でビリーは、ジェニファーを憧れの女性と名指しした。このインタビュー中に行われたゲームでジェニファーとリース・ウィザースプーンのどちらかが好みかと聞かれた際、ビリーは「ジェニファー・アニストン。生涯かけての目標、それとだけ言っておくよ」と答えた。すぐにそれが冗談だと続けたボブだったが、ジェニファーとキーラ・ナイトレイならどちらかと尋ねられて「ジェニファー・アニストン。何回言えば分かるんだ?」と答えた。

そんなジェニファーの元夫であるブラッド・ピットはビリーの元妻であるアンジェリーナジョリーと結婚している。ビリーは2002年6月に破局したアンジェリーナとは今でも連絡を取っていると『エクストラ』のインタビューで明かしており、アンジェリーナの監督作『アンブロークン』の出来に賛辞を送っていた。「時々だけど連絡は取るよ。しょっちゅうではないけどね。そんなうるさくしたくはないからさ。今彼女の人生は全て上手く行っているよ。彼女が作った映画はすごく誇りに思っているんだ。素晴らしいことだよ。監督としてあと10作くらい作ってくれることを願っているよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop