『6才のボクが、大人になるまで。』、ロンドン放送映画批評家協会賞で作品賞に輝く

『6才のボクが、大人になるまで。』が18日(日)に行われたロンドン放送映画批評家協会賞で作品賞に輝いた。同作は『グランド・ブダペスト・ホテル』『博士と彼女のセオリー』ら競合を抑えて作品賞を受賞したほか、リチャード・リンクレイターが監督賞に、さらにパトリシア・アークエットが助演女優賞を獲得している。

映画界への貢献を称えるために贈られるディリス・パウエル賞はミランダ・リチャードソンへ、その一方でジョナサン・グレイザーが監督を務めた『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』が英国作品賞として贈られるアッテンボロー賞を手にした。さらにスカーレット・ヨハンソンが主役を務めた同作で、音楽を担当したミカ・レヴィが特別功労賞を獲得した。

ロンドンのメイフェアホテルで開催された同式典では、ティモシー・スポールが『ターナー、光に愛を求めて』で英国男優賞を獲得したほか、『ホワット・ウィ・ディド・オン・アワ・ホリデー』と『ゴーン・ガール』で英国女優賞を受賞したロザムンド・パイクはビデオ中継により受賞スピーチを行っていた。また、 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートンが主演男優賞に、『アリスのままで』のジュリアン・ムーア が主演女優賞を獲得している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop