エミリー・ブラント、新作『ザ・ハンツマン』へ出演交渉中!

エミリー・ブラントは現在、新作『ザ・ハンツマン』への出演交渉に入っているという。『スノーホワイト』の続編となる同作の中で、エミリーはシャーリーズ・セロン演じる邪悪なラヴェンナ女王の妹役での登場で話を進めているところだとザ・ラップが報じている。シャーリーズは同作の中で再びラヴェンナ女王として登場することが決まっており、ルパート・サンダース監督のオリジナル作品の中でクリステン・スチュワート演じた白雪姫のお供として登場したクリス・ヘムズワースも同じく猟師のエリック役で出演することになるそうだ。

この続編は猟師エリックが盗まれた魔法の鏡を探す旅物語となっており、その旅の道中でエリックは自身の過去やラヴェンナ女王の死の復讐に燃える邪悪な妹に立ち向かうというストーリーとなっている。

そんな同作だが先週、製作会社ユニバーサルとのクリエイティブ面での意見の相違を理由に当初メガホンを取る予定であったフランク・ダラボン監督が降板しており、来週にも新しい監督が発表される予定だ。

プロデューサーにはジョー・ロスを迎え、パラク・パテルがエグゼクティブ・プロデューサーを務めることになっており、現在の脚本はクレイグ・マジンとエヴァン・スピリオトポウロスが書いた草稿をダラボン監督が改稿したものとなっている。

そんな同作の公開予定日は2016年4月22日だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop