メーガン・トレイナー、ハリー・スタイルズとのデュエット曲をレコーディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メーガン・トレイナーがハリー・スタイルズとのデュエット曲をレコーディングしたようだ。『オール・アバウト・ザット・ベース』で世界中に旋風を巻き起こしたメーガンがワン・ダイレクションのハリーと『サムデイ・メイビー』というラブソングをレコーディングしたという。「本当よ!デュエットなの。私のウクレレで一緒に書いた美しい曲なの。歌も入れてラフなデモまでレコーディングしたくらいよ。かわいいアコースティックのラブソングなの」とザ・サン紙にメーガンは明かす。

そんな満足の曲が出来上がったというメーガンだが、最初はハリーの作曲能力を疑問視していたそうで、自分なりに準備していったところハリーの才能に驚かされたのだそうだ。「これはポップスターと初めてやるクールなことの1つだったの」「私の友達がハリーが私のファンで私と一緒に曲つくりをしたいみたいだって言ってきたの」「彼は素晴らしい作曲家でもあったわ。彼は若干20歳の男の子だからちょっと心配していたの。だからある程度サビとかコーラスを用意してスタジオ入りしたの。そうしたら彼はすごく詩的で成熟した歌詞を生み出してくれたのよ」「だから私は『何よ、ハリー。あなたは愛ってものを知っているのね』って感じだったわ」

しかしながら、ハリーは1Dとしての活動に全力を注ぎこんでいるため、この曲がリリースされることはないかもしれないとミーガンは認めている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop