ヴィヴィアン・ウエストウッド、チャールズ皇太子に敬意を表す

ヴィヴィアン・ウエストウッドがミラノコレクションでチャールズ皇太子に敬意を表した。2015/16年秋冬シーズンの新作メンズコレクションを発表したヴィヴィアンは、ショーの会場でチャールズ皇太子が行ってきた環境活動に対する賞賛の言葉を映し出して皇太子を称えたとデイリー・テレグラフ紙が伝えている。映し出された言葉には「チャールズ皇太子と皇太子が行っている素晴らしい活動に敬意を表します」「私たちのコレクションのパトロンとしてチャールズ皇太子を選ばせていただきました」「要約すると、もしチャールズ皇太子が過去30年間の間、彼の優先順位によって世界を制してきたとしたら、私たちは大丈夫ですしどんな状況の変化にも組んできたことでしょう」と記されていた。

またヴィヴィアンはここ数年間オーガニック農家の事業や気候変動に積極的取り組んできたチャールズ皇太子をコレクションのデザインの中でもオマージュしており、ヴィヴィアンを象徴するドロップクロッチパンツ、スーツ、ベルト、コートにチャールズ皇太子のチェックとされるチェック柄と千鳥格子を組み合わせている。

ショーの最後、キャットウォークに夫アンドレアス・クロンターラと共に姿を現せたヴィヴィアンはチャールズ皇太子の顔が大きくプリントされたTシャツを着て登場した。

ちなみに今回のコレクションでイギリス王室の人物からオマージュされたのはチャールズ皇太子だけでなく、ヴィヴィアンはエリザベス女王のイメージもバッグに用いたり、女王陛下がプリントされたポンド紙幣をスーツのデザインに取り入れたりしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop