ジャスティン・ビーバー、念願の『ロースト』出演へ

ジャスティン・ビーバーが21歳の誕生日の記念にケーブルテレビ局コメディ・セントラルが製作する人気番組『ロースト』に出演することになった。何年もの間自身のことをジョークにして欲しいと同番組にアプローチを掛けていたというジャスティンは、ジョークにするほどの十分なネタがないとしてこれまでは断られていたようだが、今回2014年にジャスティンの起こした様々な出来事を受けて、局側のプロデューサー陣が遂に首を縦に振ったようだ。「ジャスティンは何年もの間自分を題材にいじって欲しいと頼んできていました。ですから、もっとネタを作って欲しいとずっと伝えてきましたし、その要求を聞いてくれたことを嬉しく思っています」

ラジオパーソナリティのライアン・シークレストもツイッターで「ジャスティン・ビーバーが3月にコメディ・セントラルの題材になることをお知らせするよ...愛しているよ、ジャスティン。でも、笑いの的になる番だよ(笑)」とこのニュースを発表した。

一方、隣人宅に卵を投げた事件や、交通違反での逮捕、破局と復縁を繰り返すセレーナ・ゴメスとの関係などを元にした自身のコメディ番組が製作されたことに、ジャスティンも喜びを隠せないようだ。「コメディ・セントラルに俺を取り上げて欲しいってずっと熱望していたんだ。もっとネタを提供したらって言われたから、今まで1年間頑張ったんだ。その努力がやっと報われて、21歳の誕生日にそれが遂に実現するんだ」

3月1日に誕生日を迎えるジャスティンを題材とした『ロースト』は同月7日に放送される予定だ。

過去にはチャーリー・シーン、パメラ・アンダーソン、ジェームズ・フランコ、ドナルド・トランプらも同番組の題材となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop