キッド・ロック、動物愛護団体から非難の嵐!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッド・ロックが自身で殺したマウンテン・ライオンの死体と一緒に写った写真が公開されたことにより、動物愛護団体から批判されている。キッドはミュージシャン仲間のテッド・ニュージェントがフェイスブックに投稿した今月に行ったというハンティングの写真の中で、撃ち殺したというそのライオンを持った姿でポーズをとっている。テッドはハンティング愛好家として知られており、参加者が生き延びるために動物を殺して料理するという姿を描いたリアリティ番組『ウォンテッド:テッド・オア・アライブ』にも出演したことがある。その写真のキャプションでテッドは「なんてすごい保護をした新年なんだ!この高貴なマウンテン・ライオンをキッド・ロックがぶっ倒したおかげでたくさんのエルクや家畜の命が救われたぜ!」とコメントしている。

これに対し、動物愛護団体は怒りを表しており、動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)のベン・ウィリアムソン広報担当は「ただ自分のことや生活を考えて生きていただけのほかの生き物を銃殺した後に笑顔を浮かべている人を見るのは、全ての人が精神的にも感情的にも良い気がするわけでないのは当然のことです」「今日において、戦利品集めのためのハンティングのような血まみれのスポーツをいかなる形でも受け入れているのはごく少数の人だけです」とコメントした。

一方でテッドは非難されることを予想していたようで、この狩猟が「必要で有益なもの」であったと擁護している。「すでに頭が機能していないヤツラがライオンを殺すことが間違いだとわめいているのが聞こえるよ。これは合法だし、必要だし有益なもので、こいつらははびこっているんだぜ!」

批判の焦点とされているキッドは以前に銃愛好家であることを明かしており、頻繁に銃器を買い足していると語っていたことがある。「俺はいつも銃を買ってるんだ。俺は南北戦争時代のキャノン砲からMP5マシンガン、昔の警察の銃までなんでも持ってるぜ。もし誰かが自分の家に侵入してきたら、そうだな、そいつは撃ってもいいと思うよ。でもクレイジーなやつらが銃を持っちゃいけないと思う」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop