ブルース・ウィリス、新作『エクストラクション』に出演決定

ブルース・ウィリスが新作『エクストラクション』に出演することが分かった。スティーヴン・C・ミラー監督の新作映画に主役として登場することになったブルースは、そのスリラー作の中で妻を殺害されてしまった過去を持つ元CIA工作員を演じることになるようだ。ブルースが演じるのは父と同じ道を歩もうとする息子ハリーと共にコンドーと呼ばれる特殊兵器の開発に携わっていたところ、テロリストグループに誘拐されてしまうという役どころとなる。ハリーは父親を助け出すべく、自身で父親奪還作戦を実行することに決めるが、その中でハリーの今後の人生を変えてしまうことになる陰謀に直面するというストーリー展開となっているようだ。

ウメアー・アリーム脚本の同作は来月から米アラバマ州で撮影がスタートする予定で、エミット/ファーラ/オアシス・フィルムズのランドール・エミット、ジョージ・ファーラ、アパーチャー社のアダム・ゴールドワーム、ティム・サリバン、ブランドン・グライムズ、そしてガス・ファーラが共同プロデューサーを務めることになる。

ブルースが出演した最新作には『REDリターンズ』『シン・シティ 復讐の女神』などがあり、最近バリー・レヴィンソン監督のコメディ映画『ロック・ザ・カスバ』の撮影が終了したところだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop