妊娠中のミラ・ジョヴォヴィッチ、すでに復帰に向けて取り組み中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラ・ジョヴォヴィッチ(30)がすでに復帰に備えて準備を進めているようだ。10週間後にも第2子の出産を控えるミラだが、「バイオハザード」シリーズ最新作『ザ・ファイナル・チャプター』の撮影が出産後わずか数か月後から始まる予定であることから、できるだけ体重が増えないように努力しているのだという。ミラはフェイスブックにこう投稿している。「今は少しも体重を減らしたくないわ。170ポンド(約77キロ)の今、私の身長と体格に対して完璧な妊娠中の体重なの。これをキープしたいわ」「最終的な理想的な体重は175ポンド(約79キロ)よ。妊娠中に増えた35ポンド(約16キロ)を含めてね」「私は初めての妊娠の時に増量した時の75ポンド(約34キロ)ほど体重が増えなかったことを誇りに思っているわ。だって今年の8月には『レジデント・イーヴル:ザ・ファイナル・チャプター』の撮影が出来るようにしておかなくちゃいけないし、生まれてくる子供には一生懸命を母乳をあげるつもりよ...」「私は自分のライフスタイルに対してとても気を遣うようにし始めたから、必要以上に体重が増えることはないの。だってそれって私にとっても胎児にとってもよくないことでしょ」「それに迅速な出産のためにも健康体でいることが大事だし、新生児の世話の仕方を築き上げなきゃいけない出産後にもストレスを感じたくないわ。でもそれと同時に私と家族は世界の反対側でスタント満載のアクション大作を作りに行く準備もしていかなきゃいけないわ!大変ね!」

夫ポール・W・S・アンダーソンとの間にすでに7歳の娘エヴァーちゃんを持つミラは、今後数週間に渡って一日の歩行数と食事の写真を投稿すると約束している。「もちろんジャンクフードなんて食べないわ。ってことは真空パックや密封容器、ドライブスルーから出てくるようなものはナシってことよ(週末以外はね)!」「でも大丈夫。私は家で料理をするのが好きだし、それこそが自分が口にするものを管理できる唯一の方法なのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop