ベネディクト・カンバーバッチ、SAG授賞式でプレゼンター役に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベネディクト・カンバーバッチとエディ・レッドメインらが全米映画俳優組合賞(SAG)のプレゼンターを担当することになった。同賞の主演男優賞部門にノミネートされている2人は25日(日)に行われる授賞式で、J・K・シモンズ、ヴィオラ・デイヴィスと共にトロフィーを手渡す役を担うとE!ニュースが報じている。

プレゼンターには2人のほかにもラバーン・コックス、ブライアン・クランストン、エイドリアン・ブロディ、フェリシティ・ジョーンズ、レニー・クラヴィッツ、エリック・デイン、トニー・レヴォロリらも参加するそうだ。

主演男優賞のみならず、ミニシリーズ・TV映画部門の男優賞候補にも名前が挙がっているベネディクトは同賞にノミネートされた喜びを先月、このように語っていた。「嬉しすぎるよ。僕が演じた『SHERLOCK(シャーロック)』『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』の2つでこの名誉ある賞にノミネートされるなんて本当に喜ばしいことだ」「なんて嬉しいちょっと早めのクリスマスプレゼントなんだろう!作品を観てくれて投票してくれたみんな、本当にありがとう」

同式典では『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が4部門に渡ってノミネートされており、TVドラマ『モダン・ファミリー』も4部門、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』『ハウス・オブ・カード 野望の階段』『HOMELAND』『ゲーム・オブ・スローンズ』らが3部門でノミネートされている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop