サイモン・ペグ、『スター・トレック』第3弾の脚本を担当!

サイモン・ペグが『スター・トレック』第3弾の脚本を担当することになった。同SFシリーズにスコッティ役で出演しているサイモンはドラマ『DARK BLUE / 潜入捜査』のクリエーター、ダグ・ユングと共にシリーズ最新作の脚本を執筆することになったとデッドラインが報じている。サイモンは『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』『ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ』などで脚本家を務めた経歴がある。

2016年7月8日公開予定の新作『スター・トレック』は当初、ロベルト・オーチーが監督を務める予定であったが『ワイルド・スピード』でおなじみのジャスティン・リン監督にそのバトンが渡されることになった。ちなみにオーチーはプロデューサーという形で同作の製作に関わる予定になっており、リン監督に決定するまでには『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のモルテン・ティルドゥム監督が選ばれるのではないかという噂も立っていた。

マット・デイモンが人気映画「ボーン」シリーズに復帰することになったためリンが監督する予定であったジェレミー・レナーを主演に据えた『ボーン・レガシー』続編の製作が遅れることになったと発表されたことを受け、リンの『スター・トレック』監督就任のニュースが報じられていた。

リン監督は現在撮影中の米テレビドラマ『トゥルー・ディテクティブ』シーズン2の収録が終わり次第、新作『スター・トレック』の撮影に取り掛かると発表されている。

クリス・パイン、ゾーイ・サルダナ、ザカリー・クイントらおなじみのメンバーもサイモンとともに同新作に再び出演することが見込まれている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop