アンハサウェイが一人芝居に挑戦!

アンハサウェイが一人芝居に挑戦するようだ。アンはニューヨークのパブリック・シアターで4月7日から開演する『グラウンディッド』で優秀な戦闘機のパイロットを演じるという。この70分間の作品は『ライオン・キング』でトニー賞を受賞したジュリー・テイモーが監督を務めることになっており、劇場側はこの2人の女性の参加に感激しているという。芸術監督のオスカー・ユースティスは「『グラウンディッド』は素晴らしく重要な演劇です。軍隊の驚くべき技術における人間の瞑想と道徳的犠牲を描いています。忘れられない舞台作品になることは間違いありませんし、重要な国民の話題にもなるでしょう」「アン・ハサウェイとジュリー・テイモーは素晴らしくユニークなアーティストですので、パブリック・シアターで2人の作品を公演できることを誇りに思っております」とコメントした。

この作品では、出産後にネバダの砂漠にあるトレーラーからドローンを操縦する任務に再配置された戦闘機のパイロットの姿が描かれる。遠方にある平気をターゲットにした12時間のシフトを終えて、夫と赤ん坊の待つ自宅に帰宅するその女性の考えや気持ちが取り上げられるという。

アンは現在『ワン・ソング』のプロモーション活動中で、夫アダム・シュルマンが同作でプロデューサーを務めたことがとても良い経験となったと語っていた。「この答えがかなりウザイものだと分かってるけど、うちに帰って彼を見てもいつも幸せだったわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop