エド・シーラン、初運転に挑戦するも散々な結果に!?

エド・シーランがテレビの撮影で人生初の車の運転を試みた。自動車免許を持っていないにも関わらず、BBCの自動車情報番組『トップギア』の撮影でイングランドのサリー州にあるダンスフォールド飛行場のサーキットで運転をすることになったエドは、有名人がお値打ち車でタイムトラックを競う恒例企画「スター・イン・ア・リーズナブル・プライスド・カー」にチャレンジしたものの、横すべりをして思い描いていたような良い結果には終わらなかったようだ。

撮影前には「今日、初めて運転するんだ。テレビの撮影でレース用トラックをね。幸運を祈っててね」と同番組へ出演することをツイッターで明かしていたが、撮影後には「今日は『トップ・ギア』の撮影で良い時間を過ごしたよ。日曜日に放送だよ」とツイートしていた。

そんなエドは、来月8日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催される第57回グラミー賞で『x(マルティプライ)』で年間最優秀アルバムと最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム、映画『ホビット 竜に奪われた王国』のエンディング曲『アイ・シー・ファイヤー』で最優秀映像メディア楽曲の3部門でノミネートされているだけでなく、そのほかの大物アーティストたちに並びパフォーマンスを行うことが決まっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop