アレック・ボールドウィン、自伝を執筆中!

アレック・ボールドウィンが自伝を執筆中のようだ。元妻キム・ベイシンガーとの間に娘のアイルランドを持ち、現在の妻ヒラリアとの間には1歳のカルメンちゃんとさらにもう1人が誕生予定のアレックは、来年秋に『ネバーザレス』という名の率直に綴られた自伝を発表する契約を出版社のハーパーコリンズと交わしたという。この本の中では現在56歳のアレックのロングアイランドでの幼少時代から人気ドラマ『30 ROCK/サーティー・ロック』についてまでの「ヒットと大失敗、結婚、離婚」そして「メディアと政界に対する意見」に触れられることになるようだ。

ハーパーコリンズ社のジョナサン・バーナム氏はこのようなコメントを出している。「アレック・ボールドウィンは多岐に渡る力強い才能を持った人物です。そしてその彼の現在までの人生は、ありふれたというには程遠いものです」「この伝記で彼は家族、恋人、友人、敵、恐怖と立ち向かった過去、キャリアにおける変動の経験について綴り、自身の人生と時間に対して果敢と言えるほどに正直に打ち明けます」「この本は面白くもあり、時には好戦的でもあり、感動的な部分が多々あるとても良い読み物となるでしょう」

ゴーストライターを起用するつもりはないというアレックは、2008年に離婚と家族における法律について綴った『ア・プロミス・トゥ・アワセルヴス』を出版している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop