ロビン・シック、証人として別居中の妻ポーラ・パットンが出廷へ

ロビン・シックの証人としてポーラ・パットンが証言するようだ。昨年10月にロビンとの離婚を申請しているポーラが、ロビンの2013年のヒット曲『ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ』をはじめとした複数の曲が故マーヴィン・ゲイの楽曲からの盗用であるとして起こされている裁判で証言台に立つ予定であるとTMZは報じている。マーヴィンの息子マーヴィン・ゲイ・3世によって起こされているこの訴訟では、ロビンがポーラについて歌ったと思われている2011年発表の『ラヴ・アフター・ウォー』を含めた数々の楽曲が盗作であるとされている。

この裁判において証人として挙げられているポーラは、この『ラヴ・アフター・ウォー』がマーヴィンの『アフター・ザ・ダンス』の盗作であるという主張に対する弁護が法廷で繰り広げられることになれば、証人として出廷することになる。

ロビンとの間に4歳の息子ジュリアン君を持つポーラは昨年2月、ロビンの浮気説が浮上したことを受けて9年間の結婚生活に終止符を打っていた。しかしながら、2人の破局は友好的なものだったようで、昨年のクリスマスイブにはロビンがポーラのパーティーに参加し、楽しい時間を過ごしている様子がポーラのいとこによってネット上に投稿された写真で写しだされている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop