ジョージ・クルーニー、妻からダイエット命令を下される!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージ・クルーニー(53)は妻のアマルからダイエットを強いられているようだ。昨年9月に結婚して以来ジョージは6キロ増量したようで、アマルから健康的な食事習慣を送るように調整されているようだ。ある友人は「ジョージをできるだけ早く元の体型に戻すためのその新しい食事習慣と健康なライフスタイルには、5つのルールがあるとアマルは言っていましたよ」と明かす。その5か条の中には酒、脂身を食べない、乳製品を控えめにするという項目も含まれており、アマルは来月22日に開催される予定のアカデミー賞までに、ジョージの体重を15ポンド(約7キロ)減らしたいと願っているようだ。

しかしながら、前述の友人はジョージが大のタコス好きなことから、アマルのこの健康な食計画を「つらい」と感じるだろうと日曜版デイリー・スター紙に続けている。「ジョージは撮影中はとてもストイックですが、アマルの新しい食のルールは簡単に見えながらもつらく感じるでしょうね。なぜなら、ジョージはメキシカン料理が大好きで、ロサンゼルスでは1週間にあらゆる場面で数回もそのファーストフードを食べまくっていますから」「ジョージにとって魚のタコスを何個もがつがつ食べてテキーラを1、2杯ショットで飲んでしめるほどお気に入りなことはないですよ」

そんな中、ジョージの友人であるランディ・ガーバーとシンディ・クロフォード夫妻も夫のダイエットに奮闘するアマルの手助けをしているとようだ。「ランディとシンディはアカデミー賞を前にジョージの体型を幾分戻すためにできることは何でもするとアマルに約束しています」とこの友人は語った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop