ナオミ・キャンベルのチャリティ支援のファッションショー、ロンドン・コレクションの幕開けに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナオミ・キャンベルのチャリティ支援ファッションショーがロンドン・コレクションの幕開けを飾ることになった。自身が設立したファッション・フォー・リリーフ基金が昨年のエボラ出血熱流行対策に向けた資金集めのためにファッションショーを敢行すると発表したナオミは、モデル仲間のケイト・モス、ダイアン・ファステンバーグ、マルゲリータ・ミッソニー、ダフネ・ギネスらファッション界の友人たちと共にドルチェ&ガッバーナ、ジバンシィ、アレキサンダー・マックイーン、マルケッサ、アズディン・アライア、ステラ・マッカートニー、ヴィヴィアン・ウエストウッド、バルマン、ヴェルサーチが手掛けた服を着てランウェイを歩くことになるようだ。

ケニアに家を所有するナオミは、来月19日にロンドンのサマセット・ハウスで行われる同ショーが資金を集めるだけでなく、エボラ出血熱に関する知識を広める助けとなることを願っているという。「私が重要だと思っているとても特別な目的と共にロンドン・ファッション・ウィークの幕開けをするために、 ロンドンに帰ってくるのが楽しみです。ザ・ファッション・フォー・リリーフ・ショーは素晴らしいイベントで、今年は今まで以上に資金集めができるように願っています。エボラ出血熱に対する意識啓発と予防啓発はこの感染症の流行拡大を防ぐために重要なことです」

さらにナオミは同日に行われるオークションのために有名デザイナー、アーティスト、ブランド、セレブなどに出品アイテムの寄付を呼び掛けており、2010年のハイチ地震被害者支援のためのオークションで達成した140万ポンド(約2億5000万円)の寄付金を上回る金額が集まることを目指しているようだ。

50ポンド(約9000円)からとなるチケットはwww.ticketmaster.co.ukから購入可能だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop