ジャスティン・ビーバー、これまでの自身の行いについて謝罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャスティン・ビーバーがこれまでの自身の「傲慢でのぼせあがった」行動を取っていたと認めた。ジャスティンは「緊張した」という『エレンの部屋』の収録後、自分が別人の「フリ」をしていたことや「この業界で成長する」ことに困難を覚えていたとしてファンに向けた謝罪ビデオを投稿した。フェイスブックに投稿されたこのビデオ内でジャスティンは「かなり緊張したよ。たぶんみんなが今俺のことをどう思っているかを心配していたから緊張していたんだと思う」「俺が公共の場に出てから1分たったところだけど、傲慢でのぼせあがった人間のように思われたくなかったんだ。それとかここ1年か1年半の間に俺が取っていた行動で判断されたくなかったのさ。俺は俺がフリをしていた人間じゃない。フリというのは、よく本当の感情を隠す手段として使われるものだってことだよ」「若くしてこの業界で成長するってことはとても難しいことだ。成長するってことは一般的にも難しいことだからね」

派手なパーティー生活や隣人宅への卵投げつけ事件などを含む過去の行いについてを後悔しているだけでなく、ジャスティンはいかに自身が本当は気にする人間であるか、良い人間になろうとしているのかをみんなに知って欲しいと続けている。「俺は本当にみんなに俺がいかに気にしているかってことを知って欲しいんだ。いかに人のことを気にかけているかってことをね。それに俺は何も気にしねぇよなんていう人間じゃないってことをだよ」「俺は心から気に掛ける人間だよ。過去に起こしたことは起こってしまったわけだけど、人に良い印象を与えて、親切で愛情のある、優しく寛大な人間にただなりたいだけなんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop