クリス・エヴァンス、がんを患う子供にサプライズプレゼント

クリス・エヴァンスがボストンにいるあるがん患者を突然訪問して驚かせたようだ。クリスは29日(月)、がんを抱えた子供に自宅と同じような環境を提供する施設、クリストファーズ・ヘブンを訪れたことで脳腫瘍を患う9歳のケニー・ボッティング君を大喜びさせたという。同地からほど近いマサチューセッツ州サドベリー出身のクリスは子供たちのためにサイン入りのプレゼントをもって同施設を訪れ、喜んで一緒に写真を撮ってあげたりした後、施設内を視察したとWBZ-TVは報じている。

PEOPLE.comによればクリスはフェンウェイ・パークで行われた同施設への資金集めイベントのために同市内にいたようで、ケニー君のようなファン達から力強さをもらったとコメントしている。「あの子たちの強さが俺に力を与えてくれるよ。自分の人生にどんな試練があろうとも、あの子たち家族が経験していることに比べれば何でもないからね。だからどんな形でも笑顔を与えることができればやる価値があるだろ」

隣接するマサチューセッツ総合病院で治療を受けている間、母親と姉妹と共に同施設に滞在しているケニー君は憧れのクリスに会えて大感激だったと話している。「とにかく幸せとしか言いようがありません。とにかく来てくれてありがとうと言いたいです」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop