『フォックスキャッチャー』、原作者マーク・シュルツが映画を痛烈批判

マーク・シュルツが2月14日日本公開予定の新作『フォックスキャッチャー』とその監督ベネット・ミラーを痛烈批判している。スティーブ・カレル、マーク・ラファロ、チャニング・テイタムらが出演する1984年ロサンゼルス五輪のレスリング金メダリスト、マーク・シュルツによって執筆された同名書籍を原作としたこの作品に対して、マークは自身のツイッター上で自分自身の描かれ方が好きではなく、ずさんな映画だと酷評した。

その後マークは自身のフェイスブックページでも「俺のストーリーと俺の人生は本物だ。俺は本物の人間だ。自分の怒りをツイートしたけれど、自分自身のために立ち上がったことに後悔していないし、俺のイメージや過去の遺産に関する意思決定を行った男に対して怒りをぶちまけたことに対しても後悔していない」「ひどい言葉遣いをしたことに関しては謝罪する。しかし今の考えを変える気はないよ。俺の誠実さ、本当のストーリー、人生、キャラクター、過去の功績を守るためならなんだってやる」「俺が生きている間それが意味のない戦いなら、何が意味のあるものなのかなんて俺には分からないね」と投稿し、この映画に対する自身の見解を明確にしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop