カニエ・ウェストとポール・マッカートニーがデュエット曲を発表

カニエ・ウェストとポール・マッカートニーがデュエット曲『オンリー・ワン』を発表した。ポールの参加したこの楽曲はカニエの亡き母ドンダ・ウェストに捧げるものとなっており、カニエと妻キム・カーダシアン・ウェストの1歳半の娘ノースちゃんを指してドンダさんが「ノリに私のことを話してあげて」とカニエを通じて伝えているという。

カニエのレーベルから発表されたコメントの中で、この楽曲の製作過程がこう説明されている。「2014年初頭、ポール・マッカートニーとカニエ・ウェストはロサンゼルスの小さな山小屋で一緒に制作を始めました。2人におけるシンプルなブレインストーミング・セッションから始まったその制作過程が『オンリー・ワン』を生み出したのです」「その後にレコーディングに戻って演奏した際、素晴らしいことが起こりました。カニエは家族と共に座って、娘ノースを膝に抱えながら自分が『ハロー、俺のオンリー・ワン...』と歌う節を聞いていました。するとその瞬間、自分がそんな歌を歌ったことを覚えていなかっただけでなく、その言葉が実はカニエ自身から発せられた言葉でもなかったのではないかと気づいたのです...」「そしてカニエは自分の師であり、聞き役であり、親友であった亡き母ドンダ・ウェストが今でも自分を通じて語りかけているのだということが分かったのです」

カニエは2007年に手術による合併症により他界した亡き母の言葉として「私がいつか言ったことばを忘れないで/あなたはいつも自分が思い描いていたような男になるってことを/そして私がいかにあなたのことを誇りに思っていたかを/あなたは涙することは決してなかった/恐れること/そんなことはしなかった」と綴っている。

カニエの妻キムもツイッターでその楽曲がカニエの楽曲の中でもお気に入りの曲となったと感想を述べている。「いつも私の中でのカニエのお気に入りの曲が何かと聞かれるけど、『オンリー・ワン』よ。カニエはお母さんが自分を通じて私たちの娘に語りかけていると感じているの」「あの曲を聞くたびに涙してしまうわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop