アマル・クルーニー、エジプトで危うく逮捕されるところだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマル・クルーニーがエジプトを滞在中に危うく逮捕されるところだったという。昨年9月、イタリアのベネチアでジョージ・クルーニーと結婚した人権法の弁護士であるアマルは、エジプトの刑務所に拘置されていたカタールの衛星テレビ局アルジャジーラの記者3人のうちの1人を弁護した際に、エジプト政府を非難した罪で逮捕されるかもしれないと言われたと明かした。

国際法曹協会のためのレポートの中でアマルは、エジプトの司法組織はもっとエジプト政府から独立するべきであるといったコメントを書いており、もしこのレポートが発表されれば逮捕される可能性があるだろうと示唆されたそうだ。「私がこのレポートを発表しようとした時、まず最初にカイロでこれを行うことを止められたの」「彼らは『このレポートは軍隊、司法組織、政府を批判していますか?』と聞かれたから私たちは『そうだ』と答えたのよ。すると彼らは『そうであればあなたたちは逮捕される可能性があります』と言ってきたの」

昨年6月、懲役7~10年の判決を受けたアルジャジーラの記者、モハメッド・ファフミ、ピーター・グレステ、バハ・モハメドについて1日(木)、エジプトの最高裁判所は裁判のやり直しを命じているが、これに対しアマルは、結局政府機関の役人たちがこの裁判を担当する裁判官を選択することができるため、判決結果に違いは生まれないとコメントしている。「残酷な判決を言い渡すことで知られている裁判官によって自ら選ばれた陪審員たちから下される判決はこれまでに見てきました」「このケースはそれらと何も違わないんです」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop