オリヴィエ・マルティネス、暴行罪で捜査中

オリヴィエ・マルティネスが暴行罪で捜査を受けているようだ。オリヴィエは4日(日)、ロサンゼルス国際空港のトム・ブラッドレー国際線ターミナルで空港職員を押しのけたとして調査を受けている。オリヴィエと妻ハル・ベリー、生後14か月の息子マセオ君とハルの6歳の娘ナーラちゃんにカメラマンが近づきすぎた際に強く押しのけようとしたと言われており、その際オリヴィエが空のチャイルドシートを空港職員に向かって押し付けたことでその職員が後方へ転倒したとTMZは報じている。

この職員は腹部の痛みを訴え病院に搬送された後、オリヴィエに対して暴行罪を申請したという。4年間の交際期間を経て昨年7月に結婚したオリヴィエとハルの一家は、クリスマスをパリで過ごした後、ロサンゼルスに戻ってきたところだったようだ。

オリヴィエがもめ事に巻き込まれたのは今回が初めてではなく、2012年11月にはナーラちゃんの父親でもあるハルの元恋人ガブリエル・オーブリーと暴力沙汰を起こしたことがあり、当初ガブリエルはオリヴィエがその喧嘩の最中に殺すと脅迫したとしてオリヴィエに対して接近禁止令を申請していたものの、ナーラちゃんのためにお互い警察沙汰にすることはやめるという決断に至っていた。このトラブルは、ハルがパパラッチから逃れるために娘と共にフランスへ移住することをガブリエルが阻止しようとしたことが原因となっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop