シルヴェスター・スタローン、『ランボー』第5弾の撮影開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シルヴェスター・スタローン(68)主演の『ランボー』第5弾の撮影が今年中にも始まるようだ。ベトナム戦争の帰還兵ジョン・ランボーをスタローンは再び新作でも演じることになり、待望の5作目のタイトルは『ラスト・ブラッド』となることが明らかになった。

ちなみに1982年作の第1弾の原題は『ファースト・ブラッド』であったため、新作のタイトルを見る限りではこのシリーズを締めくくる作品となるようだ。

スタローンは自身のツイッター上で、「『ラスト・ブラッド・ランボー』のあとにはギャングスター、グレッグ・スカルパを題材にした映画の撮影だ」と、『ランボー』第5弾の撮影の後にギャングスター映画『スカルパ』の撮影が始まることをファンに伝えると共に、『ランボー』シリーズ最新作のタイトルも明かした。『スカルパ』は実在した組織コロンボ・マフィア犯罪ファミリーの殺し屋のトップで、のちにFBI情報提供者となるグレゴリー・スカルパの伝記映画である。

ちなみにスタローンは新作『ラスト・ブラッド・ランボー』のために昨年夏から役作りのためにトレーニングを行っていることも以前明かしていた。「準備をしているところさ。トレーニングも開始したよ。俺は獰猛でその類の性質に加え、知的さも持つキャラクターにちゃんとなるんだよ」「心を持った殺し屋さ。頭もいいけど馬鹿げたところもある。大きくもあり小さくもある。太っているけれど、細くもある。俺の言っている意味わかるだろ。俺たちは全ての枠を超えることに挑戦するんだ」

同作はスタローン演じる主人公が中心となりメキシコ麻薬カルテルと闘うストーリーで、ハビエル・バルテムやトミー・リー・ジョーンズらが出演した西部劇スリラー話題作『ノーカントリー』のスタローンバージョンのような映画だと以前表現されていた。

一方でスタローンは、ロッキーのライバルであり友でもあるアポロ・クリードの孫息子を中心にストーリーが展開する新作映画『クリード』の中でボクシング世界王者ロッキー・バルボアを続投することが決まっており、2015年も忙しい年になりそうだ。ちなみに同作の主役のアポロ役は『ザ・ワイヤー』の中でウォレス役を演じていたことで知られているマイケル・B・ジョーダンが演じることになっており、今月からフィラデルフィアで撮影開始となるようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop