アンジェリーナジョリー、乳房切除手術のトーク中に泣き崩れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンジェリーナジョリーが自身の乳房切除の経験について語っていた際に泣き崩れた。担当医師に87%の確立で乳がんになる可能性があると言われたことをきっかけに2013年2月、将来の乳がん予防のために乳房切除の手術を受けたアンジェリーナが5日(月)、フランスのラジオ局RTLの番組に登場した際、リスナーの1人からアンジェリーナが世界に向けて自身の手術のことを語ったことは「困難や恐怖に立ち向かう勇気がありとても勇敢であった」と賞賛を送られると、アンジェリーナは番組放送中に泣き出してしまったのだという。そしてリスナーに対し「素敵なメッセージを本当にありがとう。これはみんなで戦うことなの。女性だけの問題ではなくて、父親、息子たちなど女性をサポートしてくれる人たちとね。私は人生の中で多くの女性たちに感銘を受けてきたわ。だから私が誰か他の人たちを助けることができるのであれば、行動に起こしたいと思っているのよ」「私たちがこの話題について常に話すことができることを願っているわ。卵巣がんや乳がんについてのことだけじゃなくて、女性が直面するすべての健康上の問題についてね。こういった話題を話すことがタブーってことをなくさなくては。誇りを持って話すべきだと私は思っているわ」とアンジェリーナは返答していた。

またアンジェリーナはこのリスナーの女性が同番組中に同ラジオ局に電話をかけ、タブーとされている話題をより話しやすい状況に変化させたと感謝してくれたことに深く感銘を受け、思わず涙がこぼれてしまったようだ。リスナーのこの女性は「乳房切除について語ったアンジェリーナの勇敢さに感謝したいです。私たちが失ってしまった人たち、この病気と戦った女性たち、そして今この病気と直面しているすべての人たちを応援してくれたことを」「事実を語るという選択をしたアンジェリーナの勇敢で勇気ある行動によって、フランスでタブーとされているこの話題を有名にさせ啓発を促してくれました」「アンジェリーナはただ素晴らしい女性というだけでなく、素晴らしい母親でもあるのです」と番組中、アンジェリーナに対して賛辞を送っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop