ジャスティン・ティンバーレイク、妻の妊娠を認める

ジャスティン・ティンバーレイクが妻ジェシカ・ビール(32)の妊娠を認めた。先月31日(土)に34歳の誕生日を迎えたジャスティンは、インスタグラムで700万人のフォロワーに向けて、寄せられた誕生日への祝福メッセージに対する感謝の意を表すとともに、このおめでたいニュースを報告した。ジェシカの膨らんだお腹にキスをしている写真を投稿したジャスティンは「みんな、誕生日の祝福メッセージありがとう」「今年は、今までで最高のギフトをもらえるんだ。待ちきれないよ。男の子か女の子。まだ分からない。楽しみにするよ」とコメントを添え、まだ赤ん坊の性別については明らかになっていないことも明かした。

先月にロサンゼルスでランチをしている際に大きくなったお腹を目撃されたことから、ジェシカの妊娠説が浮上していた。

現在妊娠5か月とみられているジェシカは、「とても調子が良い」ようで、妊娠中は出来るだけ健康な状態を維持するために、最善を尽くしているようだ。ある関係者は先日E!ニュースに「今3か月目に入っていますし、順調です。妊娠中も活動的でいることを維持していますし、できるだけ運動をするようにしているようです」「ジェシカはハイキングやウォーキングが好きです。家ではヨガや軽いストレッチもしていますよ。多くの時間を家で過ごしていて、これから2か月は移動するのを減らしていく計画のようです...家にいて、無理をしないつもりのようです」「地元の農場から配達をしてもらっているようですので、オーガニックで新鮮なものを食べることができますし、妊娠中を通してできるだけ健康でいられることができるのです」「健康な状態でいることが、ジェシカにとってとても大切なのです。彼女はよい食事を取ることが重要と思っています。妊娠中は最善をつくしたいのです」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop