ジョナサン・リース・マイヤーズ、『ダマスカス・カバー』に出演決定

ジョナサン・リース・マイヤーズが新作『ダマスカス・カバー』に出演することになった。1997年に発表されたハワード・カプランによる小説を題材としたこのスパイスリラー映画に主役で登場することになったジョナサンは「この役を演じることにとてもワクワクしているよ。冷戦後の中東における対立、そしてベルリンの壁が崩壊したとてつもなく重要な時代に、多くのスパイが秘密活動の舞台の最前線となる中東に配置させられたんだ」「ダニエル・バークとサマンサ・ニュートンによる考え込まれ、優れた脚本のこの作品に参加できることをとても興奮しているし、才能あふれる国際的な俳優陣や製作陣との撮影スタートを待ちきれないよ」と語った。

ジョナサンはすでに今週からモロッコでオリヴィア・サールビー、ジョン・ハートらと撮影に入っており、オリヴィアも以前「『ダマスカス・カバー』に参加できるなんてとても興奮しているわ」「歴史におけるとても興味深い時代を描いたこの物語を、多くの才能あふれる人たちと共に仕事できることを誇りに思うわ。撮影が始まることにとてもワクワクしているの」と興奮をあらわにしていた。

同作は、化学兵器の研究者やその家族を国から亡命する手助けをするためダマスカスに送り込まれたスパイの男が、残忍な陰謀者たちのターゲットとなってしまい困難な状況に陥るというストーリー展開になっているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop