エド・シーラン、ルディメンタルとコラボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エド・シーランがルディメンタルとコラボを果した。DJロックスミス、ピアース・アゲット、アミー・アモー、ケシー・ドライデンからなるこの4人組は、待望のセカンドアルバムのために昨年エド、ラッパーのザ・ゲーム、エリー・ゴールディングと共にロサンゼルスのスタジオでスタジオ入りをし、「病んだ」新曲をレコーディングしたという。

ロックスミスは「去年ロサンゼルスでレコーディングしたんだ。エドは俺らのスタジオにザ・ゲームとエリー・ゴールディングと缶詰にされていたよ」「4曲作って、ルディメンタルのテイストを入れるために今年手直したんだ」「エドのことはずっと知っているよ。エドが有名になり始めた頃に初めて会ったんだ。リミックスするためにエドは1曲を俺らに託したのだけど、エドは今までで一番最高のリミックス曲の1つだって言ってくれたよ」「エドとはレコーディングしたことがなかったんだ。だけど、ずっと繋がってはいて、今エドはかなり有名だよね。この曲はとても病んでいて、本当に異常だね。みんなに披露するのが待ち遠しいよ」と話す。

また、ロックスミスは、ニューアルバムにエドのほかにもデビューアルバム『ホーム』でもコラボしたエラ・エアやジョン・ニューマンが参加することに加え、同グループ自らが運営するフェスティバル「ワイルド・ライフ」をダンス・ミュージックデュオのディスクロージャーと共に6月6日、7日にイングランド南東部ブライトンで行うこと最近ザ・サン紙に明かしていた。「このアルバムは最終段階なんだ。フェスティバルに間に合うように、4月にはリリースされると思うよ。この計画はフェスをデビューさせるためのものなんだ。エラ・エアやジョン・ニューマンもこのアルバムで帰ってくるよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop