ジェシカ・アルバ、チャリティ支援でネックレスをデザイン

ジェシカ・アルバがチャリティ支援でネックレスをデザインした。ジェシカはジュエリーデザイナーのジェニファー・メイヤーとタッグを組み、エイズ撲滅を目指すチャリティ団体 (RED)を支援するために2点のハートのペンダントをデザインした。1点目は280ドル(約3万3000円)の8金のゴールドペンダント、2点目は980ドル(約11万円)の18金のゴールドにルビーが装飾されたものとなり、4日(水)よりGilt.comにて販売が開始されている。すべての収益はアフリカの妊娠中のHIV感染者へ9か月もしくは27か月分の薬物治療を提供する目的で(RED)のグローバルファンドへと寄付される。   

夫キャッシュ・ウォーレンとの間に2人の子供を持つジェシカはWWDに「私たちはハートがこのプロジェクトを象徴するのにぴったりだと気づいたの...女性が自分たちのハートに近いところに身に着けていられるシンプルでエレガントでなデザインよね」「私たちが愛するものにおいてコラボすること、私たちが持っているネットワークを使うこと、最悪なレベルの病気の1つを撲滅するために私たちがする支援を拡大させることは私たちにとってとても自然なことなのよ」「女性と子供たちを援助することは、私にとって常に優先するべきことなのよ」と語った。

さらに、ジェシカとは10年来の友人というジェニファーは「私たちは2人ともママだから、とても胸が痛むことなのよ」「自分の子供に何かうつしてしまうっていう感覚を想像してみて。世界の中で最悪のことだし、それを防ぐ方法はあるのよ」と付け加えた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop