『アメリカン・スナイパー』、バグダッドでの上映中止へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アメリカン・スナイパー』のイラクの首都バグダッドでの上映が中止となった。ブラッドリー・クーパー演じるアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズのクリス・カイルの半生を追ったこの映画は、イラク政府と視聴者たちによって「イラク人を侮辱している」と判断されたことから、バグダッドにある映画館での上映を中止せざるを得なくなってしまったようだ。ある映画館マネージャー、ファレス・ハイラル氏は映画を上映し続ければ罰金、もしくは映画館の閉鎖の可能性があると文化庁高官から警告を受けたことをワシントン・ポスト誌に明かしており「高官は私に、あの映画はイラク人を侮辱していると言いました」「もし我々が上映すれば、批判の対象になってしまうでしょう。しかし、上映をしないと赤字になってしまうでしょうね。実際のところたくさんの人たちがあの映画を観たいと思っていますから」とコメントしていた。

一方でブラッドリーはこのクリント・イーストウッド監督作品がこれほどまでに論争の的になっていることに驚いているようで「映画を製作しているときには観に行く人がいるかさえもわからないだろ。だから大胆に表現されたシーンとかがどんな影響をもたらすことになるかなんてことを考えることだけでも結構厚かましいことなんだよ」「兵士たちや軍隊で働く人々の苦境にスポットを当てるどんな議論も素晴らしいと思うよ」と語っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop