エド・シーラン、地元のカフェにゴールドディスクをプレゼント!

エド・シーランが地元のカフェにゴールドディスクをプレゼントした。エドは最新アルバム『x(マルティプライ)』で100万枚をセールス売り上げた証であるゴールドディスクを出身地サフォーク州フラムリンガムにあるなじみのカフェに贈ったようだ。 

ザ・ダンシング・ゴートという名のそのカフェは、額に入ったゴールドディスクを壁に飾ったようで、ツイッターにエドへの感謝のツイートをしている。「ありがとう、エド!大好き。ダンシング・ゴートのみんなからキスを贈るね」

以前にもエドは近しい友人達が経営するこのカフェの大ファンであることを話しており、カフェにちなんだタトゥーまで入れていることでも知られている。サイン入りのデビューアルバムの『+/プラス』も同カフェの壁に飾ってあるという。  

現在では世界を飛び回って活躍するエドだが、今だに生まれ育った地を愛しているようで、最近では同地周辺に89万5000ポンド(約1億6000万円)の6寝室、馬小屋、ゲーム室、菜園、ワインセラーを擁する物件を購入している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop