クリス・プラット、約束通りスター・ロード衣装で小児がんセンター訪問

クリス・プラットが6日(金)、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のキャラクターでおなじみのスター・ロードの衣装を着て小児がんセンターを訪問した。今月1日(日)に行われたスーパーボウルの試合結果を巡って、シアトル・シーホークスを応援するプラットとニューイングランド・ペイトリオッツを応援するクリス・エヴァンスが賭けを行っていたのだが、惜しくも優勝を逃したシーホークスを応援していたプラットは賭けの約束通りスター・ロードに変装してボストンにあるクリストファーズ・ヘブン治療施設を訪れ、子供たちを驚かせたのだ。

2人は敗者を応援していた方が、勝者の地元子供病院を訪れるというという賭けのほかにもツイッターボウル2015と称してクリストファーズ・ヘブンへ1万2000ドル(約140万円)、シアトル小児病院へも1万5000ドル(約178万円)を集める募金活動も行っていた。

妻に女優のアンナ・ファリスを持つプラットは今回の訪問の様子を自身のフェイスブックページにたくさんの写真とともに紹介し「ツイッターボウルの賭けはいい結果をもたらしたね。スター・ロードは本日、クリス・ヴァンスや素晴らしい家族たちとともにボストンのクリストファーズ・ヘブンに訪問したよ」とコメントを添えている。

この訪問には勝者であるニューイングランド・ペイトリオッツを応援していたエヴァンスも同チームのユニフォームを着て駆けつけていたという。

プラットが試合結果を受けて、クリストファーズ・ヘブンに訪問するとツイートした際にエヴァンスも「プラット、君のスポーツマン精神に感謝するよ。クリストファーズ・ヘブンには僕も同行する事にするよ。ちなみにシアトルの子供たちも安心してくれ、僕らはそこにも行くことにするよ。最後に、トム・ブレイディの精神の強さを誰も疑うことは出来ないだろうね。つらい数週間だったと思うけど、なぜ彼が常に最高の男であるのかをしっかりと見せていたよ」とツイートしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop