カーダシアン姉妹の義父、死亡者を出す自動車事故に巻き込まれる

ブルース・ジェンナーが7日(土)、マリブで死傷者を出す自動車事故に巻き込まれたようだ。目撃者によると、カーダシアン姉妹の義父であり最近では性転換計画をしていることで話題の的となっているブルースは、パシフィックコースとハイウェイで起こったその事故により怪我はなかったとみられているものの、ロサンゼルス郡保安局は最低1人は死亡したと認めている。当局はツイッターに「死亡交通事故:1212PM パシフィック・コースト・ハイウェイ 両方向通行止め」と情報を流した。ゴシップサイトTMZも3台の車と8人を巻き込むこの事故で少なくとも1人が死亡と伝えている。

さらに、ある目撃者は「ブルース・ジェンナーがマリブのパシフィック・コースト・ハイウェイで最悪な事故に遭った。彼は大丈夫、他の人はそこまで巻き込まれていない模様」とツイートした。

その後、ブルースはこの事故に巻き込まれて負傷した人々に対し祈りを捧げると声明を出している。「この無残な事故に巻き込まれた、もしくは負傷した全ての人々とその家族と愛する人達に対し、心から深くお見舞い申し上げます。この事故は衝撃的な悲劇であり、ご家族の皆さんがこの件に対応していらっしゃるのか想像もつかないほどです。彼らに祈りを捧げます。出来る限り協力を続けたいと思います」  

警察当局はブルースが運転中に携帯メールをしていたことによりこの事故が引き起こされたとみていたが、現時点でTMZに警察内部関係者が伝えたところによると、事故の一番先頭のプリウスが突然停止したとのことで、その後ろにいたレクサスが追突し、ブルースの車両も最後に衝突したとみているという。そのプリウスの運転者は91メートルも信号から離れたところで停止したにもかかわらず、警察に赤信号で止まったと伝えていたようで、警察はその人物が交通規則に従わずユーターンをしようとしていたのではとみているようだ。

ブルースは事故現場で実施された飲酒テストをパスしているという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop