エディ・レッドメイン、ホーキング博士と過ごすためにBAFTAアフターパーティを欠席

エディ・レッドメインはスティーヴン・ホーキング博士や博士の家族たちと過ごすために英国アカデミー賞(BAFTA)のアフターパーティを欠席したという。『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士を演じていたエディは8日(日)に行われた同賞で最優秀男優賞を獲得したあと、ホーキング博士とその元妻ジェーン・ワイルドとともにロンドン中心部にあるグロブナー・ハウス・ホテルでゆっくりとした時間を過ごしているところを目撃されている。名誉あるトロフィーを元イングランドサッカー代表のデビッド・ベッカムから受け取ったエディは、昨年12月に結婚したばかりの妻ハンナ・バングショーとともに太陽の光輝く場所へと休暇に出掛ける計画をしていることを明かしており「結婚生活は最高だよ。ハンナと一緒にどこかビーチでゆっくりできることに行こうと計画しているんだ」「彼女はそのご褒美を受け取る権利があるからね。まあもうちょっとそばかすを増やしてくる予定さ」とジョーク交じりにコメントしいる。

映画関連の授賞式シーズンが終わりゆっくりすることを楽しみにしているというハンナは、8日に行われたBAFTAでエディが最優秀男優賞に輝いた瞬間は感情を抑えきれなかったとザ・サン紙に明かしている。「彼を本当に誇りに思うわ。本当に特別な夜だった。ちょっと泣いちゃったわよ、きっと私だけじゃないと思うわ。エディはどこか休暇に出掛けることを約束してくれているけど、どこかはわからないわね。どこかリラックスできて、彼が仕事のことを忘れられるような場所かしら」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop