チャーリー・シーン、米大統領選出馬を計画中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャーリー・シーンはアメリカ大統領選に出馬したいと考えているようだ。たった数人に友人たちに行った調査の結果から2016年度に行われる大統領選の候補者として完璧であると確信しているチャーリーは、米人気ドラマ『ザ・ホワイトハウス』の中でが架空のキャラクター、ジェド・バートレット大統領を演じた自身の父マーティン・シーンも賛同してくれている明かした。「調査を行ったんだ。10人くらいの友人たちにね。どんな状況でも、既定のシナリオや社会的なシナリオなんて関係ないんだ。『俺が大統領だったらどうよ?』って俺が聞いたとき、みんな賛同してくれたんだ」「副大統領は誰だと思う?父さんだよ」「大統領も副大統領も2016年はシーン一家だね。真実と透明性がモットーのチームが国を動かすんだ。真剣だよ」

もしチャーリーが国家を動かすことになったらすでに3つ法律を制定したいと考えているようで、一つ目が各学校に元軍人たちを警備として配属すること、2つ目は税金を10%にすること、3つめはみんながリラックスすることとなっているそうだ。

自分自身のことを生まれながらの共和主義者だと語るチャーリーは、過去のパーティーに明け暮れた時代についてのジョークに話をうつし、自身の悪ふざけについてオープンにしている理由はもし彼の行動が政治の討論の間に話題にされてもがっかりしないためだとテレビ番組『ザ・フリップサイド・ウィズ・マイケル・ロータス』に出演した際に語っていた。「討論の最中を想像してよ。ほかの議員はきっと『君はこんなことしたんだぞ!』なんて言っても俺は多分『で?』てな感じさ」「討論の最中彼らはどんなことを俺に行ってくるんだろうなあ?『時間についてはどうかな?』なんて言われても俺は『だから?』って答えるんだろうな」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop