スティーヴ・ブシェミ、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のパロディに登場

スティーヴ・ブシェミが『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』パロディ版に主役クリスチャン・グレイとして登場している。このパロディの中でスティーヴはクリスチャン・グレイ役に加え、『ファーゴ』のカール・ショウォルター、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』のナッキー・トンプソン、『Mr.ディーズ』のクレイジー・アイズなど自身の過去に演じたキャラクターたちにも扮してところどころに登場している。

ブー・ヤ・ピクチャーズによって製作されたそのビデオクリップの冒頭ではクリスチャン役をスティーヴが演じているとはわからないようになっており、ダコタ・ジョンソン演じるアナスタシア・スティールと話しているそのバックグラウンドにはビヨンセのヒットソング『クレイジー・イン・ラブ』が聞こえてくる。最初のシーンでアナスタシアが「仕事以外で何か興味のあることは?」とクリスチャンに尋ねる場面がある。そこではスティーヴも出演していたクエンティン・タランティーノ監督の『レザボア・ドッグス』の台詞を用いて「俺がコーヒーを注文するときは、6杯のコーヒーが欲しいってことだ。君は?」と姿を見せずに返答のみをおこなう。それに対し「まあ私について知ってもらうことはあまりないわ。私の方をみて」と答えると、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』のナッキー・トンプソン扮するスティーヴが登場し「君は君のキースターに賭けることができるよ。俺はその分け前を得るってわけだ」というセリフを繰り出すというような演出になっている。

パロディの元となった2011年E・L・ジェームズ著作の官能恋愛小説映画化作品『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は今月13日より日本公開となる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop