スカーレット・ヨハンソン、出産後の娘の姿に驚愕!

スカーレット・ヨハンソンは自身の娘を出産した際、その娘の姿に驚愕したのだという。夫ロマン・ドリアックとの間に娘ローズちゃんを5か月前に出産したスカーレットは生まれてきた娘の姿が自分の想像していたイメージと全く違ったとW誌の最新号で語っている。「娘が生まれてきたとき、私はとても驚いたの。私の赤ちゃんはこんな感じなんだろうなっていう強いイメージを持っていたのよね。そして彼女はそのイメージとは全く違ったのよ。彼女はパーフェクトよ。ただイメージと違っただけ。まあ今思えば、それ以外の方法で想像することなんてできないじゃない」

そんなスカーレットは産後たった20週間で元の体系を取り戻しており、その秘密が母乳育児にあると昨年12月に受けたインタビューで明かしていた。「元の体系に戻すならこれが一番の方法だと思うわ。母乳を授乳してあげることね。私はこれが大好きよ」

娘への愛情は計り知れないもので、一緒に過ごしている時間を楽しんでいると話すスカーレットだが、その一方で親でいることは疲れるとも感じていると続けていた。「母親ってとても素晴らしいわ。夢のようなことで、そしてとても疲れることね」「この愛情って本当に信じられないものよ。計りしれないの」

スカーレットとロマンは昨年9月に代理人を通じて2人に子供が生まれたことを発表したが、明確な誕生日については公表されなかった。そのニュースの1か月後には2人は2年間の交際を経てモンタナ州フィリップスバーグで結婚している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop